スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガザクは良い!(またしても浮気)

GP02もやっと塗装できる状態になりましたが…天気イマイチ。カブリが怖い為今週はスルー。
久しぶりの更新は、あまり期待していなかったのに、パチ組みしたら、そのカッコ良さとキットとしての素性の良さに
惚れ込んでしまった、「MEGA SIZE MODEL 1/48 MS-06F 量産型ザク」について少々書いてみようと思います。

比較的最近発売になったこのメガザク、大型キットの割には安かった(Amazonで30%OFFの5,470円!)のでとりあえず買いはしたものの、
完成後の大きさ(H×36.5cm)から、大型MSキットにありがちな「大味なんだろーなー」という印象しか持っていませんでした。
(実際、完成写真や作例なんかをWEBやホビー誌で見ていましたが、今一つカッコ良いな…と思えませんでした)。
時間もあったし、「話のタネにパチ組みしてみよう」てな感じで始めたのですが、このキット、良い意味で自分の想像を裏切ってくれる良質キット!



20110719-2.jpg

まずパーツ数が少なくてサクサク組みあがる!(パーツ数は約180点てとこでしょうか)。割り切った可動部&インナー部の省略と、
大胆な「モナカ&一体形式」のパーツ割によって、パチ組みだったら半日もあれば十分(※私はアンクル部を可動化したのでもう少しかかりましたが)。
ランナー同士を組み合わせる工程も斬新かつスピーディーだし、MGあたりだとめんどくさい動力パイプなんぞは、基本的に2つ+@のパーツを
組み合わせる事によって、アッという間に組みあがります(これが感動的!またパイプにザクがカッコよく見える良い角度付いてんだ!)
パーツの合わせ目も目立つ所に出ますが、パーツの精度が結構高めなのと、大物故に「ディテール」と割り切ればあまり気にもならないレベル。

もっと気に入ったのがそのプロポーション。基本的なデザインラインはMGザク(Ver.2)に準拠していますが、腰部のボリュームや
各部のバランス取り等秀逸で非常にカッコ良い!(ザクにはそれぞれ好みがあるとは思いますが…私はこの感じがツボです)。
当初危惧した「大味感」も無く、素立ちのその姿なんかは惚れ惚れしてしまいます(※ちょっと下から見上げたりするとまた良い)。
私はこのキットでザクのカッコ良さを再認識する事ができました(※ちょっと言いすぎか?)。

他にも色々と言いたい事はあるのですが、ザクを様々手がけてきたバンダイ様の明確なコンセプト(大サイズによる迫力感、組み易さの徹底追及、
高コストパフォーマンス、バンダイが考える「ザクのデザイン」への一つの回答等々)が、作り手に伝わってくる好キットだと思います。
バンダイ様が言う「全てのザク好きに贈る」は伊達ではありませんね~(置く所さえあれば…が前提ですけど(笑))。


▼ 頭部アップ。「モノアイ光らせてくれ!」と言わんばかりのパーツ構成(笑)。
頭部は左右モナカ形式なので、パーツ合わせ目は何らかの処理が必要?

20110719-4.jpg

▼ 胴部アップ。パーツ構成は極めて単純。アッと言う間に組みあがります(※スカート裏パーツなんかは無し)。

20110719-5.jpg

▼ 背部アップ。シンプルなランドセルがかえってカッコ良かったりします。

20110719-6.jpg

▼ シールドはこんなデカイのに僅か2パーツ構成(ポリキャップ除く)。肩との接合部が「なんちゃってフレーム」なのが凄い。

20110719-7.jpg

▼ マニピュレーター…少ないパーツながら良く出来てます(ザクらしい)。当キットの気に入ってる所であります。

20110719-10.jpg

▼ アンクル部は足首と一体成型になっていて結構気になる所。もはや定番改造の「切り離し~ポリキャップ仕込み」で可動化。

20110719-8.jpg

▼ 先に発売のS型には付属していなかった(らしい)バズ。笑えるぐらいのデカさ。武器類も少ないパーツ数で小気味良く出来てます。

20110719-9.jpg

▼ MGリックドムとの対比。日本の住宅事情完全無視のサイズに潔さすら漂ってます(笑)。
ザクマシンガンの全長がMGリックドムを上回ってるくさいのがポイント。

20110719-3.jpg
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます - : 2012/06/10 (日) 23:08:13 修正

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アンクルの定番改造の「切り離し~ポリキャップ仕込み」 Alex : 2012/06/10 (日) 23:10:02 修正

初めまして。最近私もメガザクを購入し、あれこれネットで調べていたらここに辿り着きました。アンクル定番改造の「切り離し~ポリキャップ仕込み」と記載があったのですが、この改造を行うと、どのような動きが可能になるのでしょうか?プラモデルの改造経験はありますが、ザクの改造については全くの素人ですので、差し支えなければ御教授頂ければ嬉しいです。

はじめまして kinberaied : 2012/06/11 (月) 19:23:09 修正

Alexさん 初めまして 
kinberaiedです。書き込み有難うございます。

さてご質問の件ですが、まずお詫びしないといけません。
「アンクル部」と書いたんですが実際は「足首の甲」の部分です(汗)。
言葉が正確ではなく、申し訳ありませんでした。
返事が遅くなりました事含め、あらためてお詫びいたします。

ザクの足首って独特の形状なんですが、あまり可動を意識してデザインされてません。
立体にすると、足首の甲の出っ張りが、足を大きく広げた時など脛パーツに干渉してしまい、
足首の可動も制限されるし、見た目もあまり良くありません。

これらを解決する為に、最近発売されているザクのキット(マスターグレードver.2等)は、
足首の甲の出っ張りがが別パーツになっており、正面から見て左右にスイングするのが
定番になってます。

残念ながら、メガザクは足首が一体パーツとなっており(作りやすさ重視?コスト?)、
このスイング機構がオミットされていますので、小改造によりこれらを再現しようとしてます。

もっとも、メガザクはノーマルでも足はそれなりに広がりますので、どちらかと言えば見た目
(※足を大きく広げた時、甲の部分がスイングすると足首と脛の繋がり方が自然に見える)
の為にやっている…と言った感じです。

分かりにくい文章でしたが…いかがでしたでしょうか?
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。