スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀悼の意

ドズル・ザビやバスク・オム役を演じられた声優の郷里大輔さんが1月17日お亡くなりになったそうです。
両キャラクターともに大好きでした。どこか憎めないドズルも、悪役ぶりが逆に気持ち良すぎるバスクも、
郷里さんの印象深いお声と演技力あってのキャラ立ちでした。

当ブログはここに哀悼の意を表するとともに、あらためてお礼を申し上げます…本当にありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

kinberaied


スポンサーサイト

買うべし!「MS-06 ARCHIVES」

私の愛読書である「MS-06解体新書」(ティーツー出版/初版2000年)の改訂版的位置づけらしい、
「MS-06 ARCHIVES/新・MS-06解体新書 ザクⅡの発展とその軌跡」(ジャイブ)が出たとの事で
問答無用で購入、とりあえず斜め読みしてみました。

▼ 「MS-06 ARCHIVES/新・MS-06解体新書 ザクⅡの発展とその軌跡」
(ジャイブ/初版2009年11月/本体2,380円+税)



「MS-06解体新書」のマニアックな方向性そのままに、近年の「ザク考証」のトレンドを目一杯詰め込んだ
グレートすぎる一冊。ザクに関するありとあらゆる情報の嵐に、時間の経つのも忘れるほど大満足。

特に嬉しかったのがザクの兵装(武器)に関する詳細な解説。自作デカールを作成する際に、マシンガンや
バズーカの正式名称(例えばMMP-78とか)をメーカー名と共にコーションマーク化したのですが、とうとう
分からなかったのが、ミサイルポッド等の若干マイナーな兵装類。

この「MS-06 ARCHIVES」には、ミサイルポッドはおろか、マゼラアタック砲やクラッカーに至るまで
正式名称が記載されています。例えば…

■ フットミサイルポッド→Zi-Me/Triple Missile Pod MK.Ⅳ
■ マゼラトップ砲→ZIM/M・T-K175C (そもそもマゼラアタックの正式名称がPVN.42/4(HT-01B))
■ クラッカー→MIP-B6

などなど。この辺りは全く知らなかった新事実。こういったマニアックな設定は色々と使えるんですね~。
また、一年戦争時のザク系MS解説もさる事ながら、一年戦争以降のザク系MSの解説も充実しており
(※この手の書籍だと、お手盛り程度の記述に留まるパターンが殆どですが)、現時点で完璧と言えます。

ザク作る際に盛り上がれる事うけあいのこの一冊。ご興味のある方は是非!



▼ こちらもおすすめ 「MS-06解体新書」(ティーツー出版/初版2000年/本体1,400円+税)

ms06arc2.jpg

続・ゾックのおさらい

最近報告しておりませんが、記念作品の1/100ゾック、微妙に進行中。
作業しながらふと思ったのが、「ガンダム戦記版のゾックってどんな感じだっけ?」という疑問。
意外と記憶が曖昧だったので、昔買った攻略本を紐解いてみると(※ゲーム付属のインストには
掲載されていないので)・・・こんな感じでありました。



いや~キョロちゃん激似(笑)。人相悪くてド迫力。グロカッコ良し。両腕ほぼ無意味。
ゲーム用にデザインされたものなのでマイナーなんですが、私かなり好きなんですね~。

あらためて見ると頭頂部にアンテナ付いてる・・・さてどうしようか?
クロー中央部はメガ粒子砲発射口だとばかり思っていたのですが、何にも無いし。
(これは流用パーツ等で勝手に発射口にしてしまいます)。
くちばしのジオン公国章は、こんなデカいデカール流用できないので、自作決定ですわ。

ゾックのおさらい

私はプラモ作成にあたって、完成までのテンションを維持する為に、その時作っている対象物の
関連資料を良く読み漁ります。これは、自分がこれから作ろうとしているヤツのスペックや活躍話などに
触れると、「やっぱりスゲ~な~」とか「こんな性能があったのか」とか、思い入れが違ってくるからです。
(※たまに逆効果もありますが)

という事で、現在いじっているゾックのおさらいをしてみました(※意外と知らないし)。

■ 正式名称/MSM-10 「ゾック」(→これは知っている)
■ 頭頂高/23.9m(→デカっ!) ■ 本体重量167.8t(→重っ!)
■ ジェネレーター出力/3849kw(→え~っ!) ■ スラスター推力/253000㎏(→何~っ!)
■ 武装/頭部メガ粒子砲&肩部メガ粒子砲×8(→やりすぎじゃねーの?)

・・・何と!ジェネレーター出力はザクの4倍!、ゲルググの2.5倍!
ジェネレーター出力だけなら、サザビーとほとんど変わんねーし(大爆笑)。一年戦争なのに!

▼ 以下「機動戦士ガンダム公式百科事典」より抜粋

「水陸両用でジャンプ力もザクの数倍・・・」そんな風にマリガン中尉はキャリフォルニア・ベースの
技師からの受け売りをした。シャア・アズナブル大佐はゾックを一瞥し、「あれがか?」と問い返した。
「見かけ倒しでなけりゃいいがな」(※中略)。シャア・アズナブル大佐が評したように、
MSM-10は見かけ倒しであったようだ。

やばい・・・ゾックがますます好きになってきました(笑)


「ノリスのテーマ」CDを探す

B3グフをUPしたので、関連した話を少々。

08小隊/第10話「震える山(前篇)」で、ノリス・パッカード駆るB3グフが、
08小隊と対峙する為登場するシーン・・・シビれますね・・・鳥肌モンのカッコ良さ。

あの登場シーンでBGMとして使用されている「あの曲」(※私は勝手に「ノリスのテーマ」と命名)。
本当は他のシーンでも使われているのですが、あの登場シーンのインパクトが強すぎて、
私の中では“ノリス専用テーマ曲”と化しています。

私はどうしても「あの曲」のちゃんとした音源(CD)が欲しくなりました。
そもそも正式な曲名が不明だったので、ネット検索で色々と調べてみましたがどうも良く分からん。
しびれを切らした私は、中古の08小隊サントラをハズレ覚悟で数枚中古購入し、聞いてみる事に。

3枚購入した内の2枚は全くハズレ・・・すっかり意気消沈しながら、最後の1枚
「機動戦士ガンダム第08MS小隊 recorded in PLAHA 」なるCDをかけてみると・・・ありました!
このCDは交響曲がいくつか収録されているのですが、曲タイトル「Ⅶ」(※曲のタイトルがⅠ~Ⅻと
なっている内の7番目)の、1分47秒目あたりから4分34秒目あたりまで、フルコーラス(?)で
収録されておりました。

交響曲の1パートとして収録されている為、CDから曲全体をリッピング後、フリーの音ファイル
編集ソフトで「あの曲」部分のみをカット、音ファイル化しました。現在、携帯の着メロや運転中BGM、
WALKMAN に入れて会議前のテンションUPに使用する、プラモ作成中にエンドレスで流すなど、
色々と活用しております。

特におすすめなのが、夜の高速を運転中のBGMとして使用するパターン。
「トラック×4、ワゴン×1、スポーツカーもどき×3か・・・」などと思いっきりつぶやけます(笑)。
そこから軽くアクセルを踏み込めば、「その目の良さが命取りよ!」モード突入(意味不明)。
愛車がイエヴァに変身する事うけあいです。

ところで・・・この曲の正式名称知っている方がいたら、教えて頂けませんでしょうか?


 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。